› うな研ブログ › 生態の研究報告 › 親ウナギの大半は海ウナギ

2014年06月06日

親ウナギの大半は海ウナギ


魚の頭部にある耳石(じせき)の輪紋を数えると、日齢や年齢を知ることができることはよく知られています。さらに、この耳石を細かく分析すると、その魚が海で暮らしていた期間や、その後、淡水で暮らしていた期間も分かります。

耳石は「カルシウム」質の硬組織ですが、海に棲んでいると、海水に多く含まれている「ストロンチウム」(淡水にはほとんど無い)が蓄積されます。カルシウムとストロンチウムの化学的な性質が似ており、置き換わって蓄積するのです。
(たしか、そうだったと思います(^_^;)

ですから、耳石のある部分のカルシウムとストロンチウムの比を調べることで、ある時期に、海水・汽水・炭水のどこに棲んでいたのか分かるのです。履歴書みたいなものですね。



ここからが本題

日本から産卵回遊に旅立った銀ウナギを各地から集めて、耳石から回遊履歴を調べると、500尾中、なんと、「川ウナギ」は80尾(16%)しか含まれていなかったそうです。

つまり、産卵にむかう親ウナギの84%は「海ウナギ」と「汽水ウナギ」だったということです。


少ない調査事例ですので、ホントにウナギ全体がそうなのかは、断定できません。もしそうだとしても、もともとそういう比率だったのか、それとも、川ウナギが激減してそうなったのかは、分かりません。

でも、おもしろい調査データですよね。





同じカテゴリー(生態の研究報告)の記事画像
ウナギ仔魚の歯
同じカテゴリー(生態の研究報告)の記事
 ウナギ仔魚の歯 (2014-05-21 11:45)

Posted by うな研管理人 at 09:27 │生態の研究報告