› うな研ブログ › 真面目な報道 › 以前と比べれば相変わらず低い水準

2014年05月21日

以前と比べれば相変わらず低い水準



朝日新聞デジタル(2014年4月9日)より

----------------------------------------------------
 不漁続きだったウナギの稚魚(シラスウナギ)の漁獲量が今シーズン、県内で持ち直している。すでに昨シーズンの5倍近い約50キロが取れ、国内の他産地や海外でも増え出しているという。復調の原因は不明だが価格は下がり、養殖業者には朗報だ。しかし、取れ具合は県内で偏りがあり、関係者の表情は複雑だ。

 県水産資源課によると、シラス取りは昨年12月16日から始まり、今年2月末までに49・6キロが取れた。4年続きで不漁だった2009~12年度の各2月末で、09年度15・7キロ▽10年度10・2キロ▽11年度29・9キロ▽12年度10・7キロに比べると大幅増だ。

 ただ、05年度の2月末では250・8キロも取れており、「好調」とは言っても不漁続きの4年間と比べてのこと。県の担当者は「以前と比べれば相変わらず低い水準。とても資源が回復したとは言えない」と、慎重な見方だ。復調の原因についても分からないという。
----------------------------------------------------

まあ、真面目な報道の部類ですよね。


ぶんや


同じカテゴリー(真面目な報道)の記事画像
岐阜・粥川谷の掟

ウナギ激減に無自覚な加害者・日本人
同じカテゴリー(真面目な報道)の記事
 日本メディアはIUCNのウナギレッドリスト掲載をどう報じたか (2014-06-14 09:34)
 ワシントン条約での規制は (2014-06-14 09:27)
 岐阜・粥川谷の掟 (2014-04-28 13:41)
 
ウナギ激減に無自覚な加害者・日本人 (2014-04-08 08:49)

Posted by うな研管理人 at 15:07 │真面目な報道