› うな研ブログ › 生態の研究報告 › ウナギ仔魚の歯

2014年05月21日

ウナギ仔魚の歯


ウナギの前期仔魚(プレレプトセファルス)の歯です。


(東海大学出版会『旅するウナギ』より)

すごい牙のように見えますが、前方に突出していることや、レプトセファルスに成長すると消失することから、摂餌のためでなくカルシウムの貯蔵庫として働いているという説もあるそう。

実際のところ、よく分かっていないようです。

謎多き生き物ですね〜。

ぶんや





同じカテゴリー(生態の研究報告)の記事
 親ウナギの大半は海ウナギ (2014-06-06 09:27)

Posted by うな研管理人 at 11:45 │生態の研究報告